For a brief amount of time it did leave my computer useless, because I could not mount any external drive (which I have nearly all my personal and other files on).

Swift がオープンソースとして公開されてから、2ヶ月程経ちました。コンパイラの仕組みについては、以前から興味があったのでビルドに挑戦してみました。ただし、OS X 側の環境を汚したくないので、Parallels Desktop 11 for Mac の仮想環境で Ubuntu 15.10 をインストールして Swift をビルドしてみました。swift-package-manager を使った example のコンパイル、Git Hub にある Apple のリポジトリを全てダウンロードするスクリプトとコマンド git の補助スクリプト集を紹介したいと思います。 最初に自作スクリプトを下記URL で公開しておきます。詳細は、アーカイブに含まれる Read ファイルとブログの後半を参考にしてください。 ‘ダウンロード’ ボタンをクリックして、ファイル ubuntu-15.10-desktop-amd64をダウンロードしてください。Parallels Desktop 11 for Mac を起動し、メニュー/ファイル/新規… remote: Total 18 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 18 Checking connectivity... remote: Total 324410 (delta 62), reused 0 (delta 0), pack-reused 324254 Receiving objects: 100% (324410/324410), 68.43 Mi B | 5.43 Mi B/s, done.

を選び、イメージファイルとして ubuntu-15.10-desktop-amd64を選択してインストールしてください。インストールに成功したら、Ubuntu 15.10 を Software Updater で最新の状態にしてください。 ◆ Ubuntu 15.10 上で swift コマンドを実行できる環境を作成。次に Ubuntu 上で swift コマンドを実行できる環境を作成します。詳しい解説は、 から Ubuntu 15.10 Swift 2.2 Snapshot のリンクを Ubuntu 15.10 上の Firefox などのウェブブラウザでクリックして、ファイル swift-2.2-SNAPSHOT-2016-01-11-a-ubuntu15.10gz をダウンロードしてください。さらに (Signature) のリンクをクリックして swift-2.2-SNAPSHOT-2016-01-11-a-ubuntu15.10ファイルもダウンロードしてください。Signature ファイルはダウンロードしたファイルが改変されていないか検証するために使います。(最新の Snapshot をダウンロードしてください。2016/01/17(Sun) 現在、Ubuntu 15.10 Swift 2.2 Snapshot (Signature) January 11, 2016 が最新です。)Ubuntu 上で Terminal を起動し、 ~/Desktop $ gpg --verify swift-2.2-SNAPSHOT-2016-01-11-a-ubuntu15.10gpg: assuming signed data in `swift-2.2-SNAPSHOT-2016-01-11-a-ubuntu15.10gz' gpg: Signature made Tue AM JST using RSA key ID xxxxxxxx gpg: Good signature from "Swift Automatic Signing Key #1 ~/Desktop $ git clone https://github.com/apple/Cloning into 'example-package-dealer'... done.~/Desktop $ cd example-package-dealer/ ~/Desktop/example-package-dealer $ swift build Cloning https://github.com/apple/Using version 1.0.2 of package example-package-deckofplayingcards Cloning https://github.com/apple/Using version 1.0.2 of package example-package-fisheryates Cloning https://github.com/apple/Using version 1.0.1 of package example-package-playingcard Compiling Swift Module ' Fisher Yates' (1 sources) Linking Library: .build/debug/Fisher Yates.a Compiling Swift Module ' Playing Card' (3 sources) Linking Library: .build/debug/Playing Card.a Compiling Swift Module ' Deck Of Playing Cards' (1 sources) Linking Library: .build/debug/Deck Of Playing Cards.a Compiling Swift Module ' Dealer' (1 sources) Linking Executable: .build/debug/Dealer ~/Desktop/example-package-dealer $ ~ $ cd Desktop/ ~/Desktop $ mkdir Apple ~/Desktop $ cd Apple/ ~/Desktop/Apple $ git clone https://github.com/apple/Cloning into 'swift'...

./utils/build-script: command terminated with a non-zero exit status 1, aborting ~/Desktop/Apple/swift $ OS X El Capitan バージョン 10.11.3 Mac Book Pro (Retina, 15-inch, Late 2013) プロセッサ 2.3GHz Intel Core i7 メモリ 16GB 1600 MHz DDR3 グラフィクス Intel Iris Pro 1536 MB NVIDIA Ge Force GT 750M Parallels Desktop 11 for Mac バージョン 11.1.2 (32408) ~/Desktop/Apple/swift $ time ./utils/build-script -j 1 -t -- check-swift-linux-x86_64 finished -- --- Finished tests for swift --- real 108m35.712s user 112m17.964s sys 4m48.860s ~/Desktop/Apple/swift $ ~/Desktop/Apple $ ./0: example-package-dealer 1: example-package-deckofplayingcards 2: example-package-fisheryates 3: example-package-playingcard 4: swift 5: swift-3-api-guidelines-review 6: swift-clang 7: swift-cmark 8: swift-corelibs-foundation 9: swift-corelibs-libdispatch 10: swift-corelibs-xctest 11: swift-evolution 12: swift-integration-tests 13: swift-llbuild 14: swift-lldb 15: swift-llvm 16: swift-package-manager ?

~/Desktop/Apple $ ls swift ~/Desktop/Apple $~/Desktop/Apple $ cd swift ~/Desktop/Apple/swift $ ./utils/update-checkout --clone --- Cloning 'cmark' --- --- Cloning 'lldb' --- --- Cloning 'llvm' --- --- Cloning 'swift-corelibs-xctest' --- --- Cloning 'swift-integration-tests' --- --- Cloning 'swiftpm' --- --- Cloning 'swift-corelibs-foundation' --- --- Cloning 'clang' --- --- Cloning 'llbuild' --- ~/Desktop/Apple/swift $ 上記コマンド ./utils/update-checkout --clone を使って必要なパッケージをダウンロードします。(swift フォルダではなく、Apple フォルダに保存されので注意してください。)最後に ./utils/build-scrip スクリプトを実行して swift コマンドをビルドします。引数 -R を指定しない限り debug モードでビルドされます。引数 -R の場合 release モードになります。引数 -t は Ninja による基本的なテストを行います。詳しい解説は ~/Desktop/Apple/swift $ ./utils/build-script -t . lib LLVMSupport.a -lrt -ldl -ltinfo -lpthread -lm -Wl,-rpath,"\$ORIGIN/../lib" && : clang: error: unable to execute command: Killed clang: error: linker command failed due to signal (use -v to see invocation) [1121/1984] Linking CXX executable bin/llvm-ar ninja: build stopped: subcommand failed.

I first tried this from here: Which turned out to not entirely fix the problem.

Then as you read down, where someone had a similar problem but with the file.

I tried something similar to his script but changing to .

The Adobe Flash Player browser plugin lets you view video and animated content in Firefox.

This article has information about testing, installing, updating, uninstalling and troubleshooting the Adobe Flash plugin.